偽造文書<行政書士ってナニ? 2017/JTF翻訳祭編>6

Pocket

真栄里
原文に文句を言ったら翻訳なんかできないだろ!
RIE
でも、原文がおかしいってことありますよね?

真栄里
それはあるよ、もちろん。
RIE
そんな場合はどうするんですか?
真栄里
訳文にコメントをしておく、原文の間違いかもしれませんって。
RIE
結構あるんですか?原文の間違いって?
真栄里
あまりないよ、俺が扱っているのはリーガルだからなおさら間違いは少ないと思う。
あっ、でもな、英日翻訳の場合、深刻な間違いがあることがある。
RIE
英語が母国語であっても深刻な間違いをするんですね。
真栄里
英語を母国語とする人が書いた英文に、そんな間違いを見つけたことはまだないな。
RIE
ん?じゃ誰が書いた英文?


あっ、英語を母国語としない人が書いた英文ですか?
真栄里
そう。
RIE
その場合は、原文のミスを指摘してあげて、正しい語に合わせて翻訳をすればいいんじゃないです?
真栄里
それで済む文書ならいいんだが、そうじゃない文書もあるんだよ。
RIE
どういう文書?
真栄里
英語圏外の外国政府が作成した証明書とか。
RIE
えっ?
政府作成の証明書に間違いがあるんですか?
真栄里
あることがある。
政府とはいえ、英語圏外だから、彼らにとって英語は外国語なわけで、母国語のように上手くは書けないことがあるんだ。
RIE
あ~、そうかぁ、たしかにそうですね。
そんな場合どうするんですか?
真栄里
証明書の再発行をしてもらった方がベストだな。
RIE
めんどくさいですねぇ。
真栄里
でもそうしないと、大変困ったことになるんだよ!
RIE
そもそもどんな文書なんです?
真栄里
早い話、ビザ関係に必要な証明書だ。
RIE
でも、翻訳が正確なら原文にミスがあっても問題ないんじゃないですか?
真栄里
そんなわけない!
原文あっての翻訳なんだから。
原文にミスがあると偽造を疑われるんだよ。
RIE
たしかに!
偽造ビザとか、偽造証明書で入国したとなると日本にとって大問題になるから、日本の入管も偽造文書かどうかに注意している、というわけですね。
真栄里
そう。
国際化時代になり、外国人がたくさん日本にやって来る時代だからこそ、身元のしっかりした外国人を日本に入国させる、というのが入管の仕事だからな。
RIE
だったら証明書の再取得も、時間がかかるけどしょうがないですね。
真栄里
そうだな。
でも、再取得することができない場合もあるんだ。
その場合はもっとやっかいだ。
RIE
そんな場合ってあります?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください