リーガルについてもICT関係の条項が出てくる。<行政書士ってナニ? IT翻訳編>1

Pocket

真栄里
RIE、ジャバってなんだ?
RIE
えっ?
刑務所の外のことですけど?
RIEは塀の中に行ったことないのでシャバのありがたみはよくわかりませんけど(笑)
先生は塀の中に行ったことありますか?
真栄里
あるよ!

RIE
え〜〜〜!
先生って前科持ちだったんだ…
真面目そうに見えるだけ…
真栄里
いやいやいや、前科なんかない。
大学の時に、ゼミで刑務所の見学に行ったんだよ。
RIE
なんですか、それは!
びっくりさせないでくださいよ。まったくもう💢
見学に行っただけじゃないですか。
真栄里
規律正しかったよ、刑務所は。
あっ、でも注意事項が一つあった。
RIE
財布は持ってくるなとかですか?
真栄里
全然違う。
ゼミ生に女性もいたんだが、その女性を男性で囲むようにして見学します、と言われて、そのとおりにしたんだよ。
RIE
あ〜〜、なるほどぉ…
女性刑務所はまた別にありますからね。
刑務所は、未だに男女別ですもんね。
真栄里
だな。
RIE
はっ!
国が男女差別していて違憲とか争う人出てきませんかね?
真栄里
そんな争いするやつなんか出てこないだろ。
RIE
だって、国が男子校とか作ったら違憲になるんじゃないですか?
真栄里
それはそうだろうな。
でも、教育と刑務所では趣旨が全く異なるから同じ論理で違憲審査基準が定立されることはない。合憲の結論になるはず。
RIE
まぁ、さすがに男女共同の刑務所は管理が大変でしょうからね。
真栄里
というか、おれは、ジャバの話を聞こうと思ったのであって、それがなんで刑務所の話になってるんだよ💢
RIE
JAVAですか?
コンピュータ用語がどうしたんです?
プログラム言語でも勉強するんですか?
真栄里
そんなわけないじゃないか。
リーガル翻訳で最近よくプログラムに関する条項が出てくるんだよ。
RIE
そなんですね。
今やIT(ICT)技術がないと仕事できませんからね。
リーガルについてもICT関係の条項が出てくる。
真栄里
そうなんだよ。
RIE
わかるんですか?プログラム関係の話。
真栄里
正直わからない。
日本語で読んでもプログラミングの本はちんぷんかんぷんだからな。
RIE
そしたら、翻訳できないんじゃないんですか?
真栄里
そこは違うんだよ。
おれが翻訳しているのはあくまでも契約書などのリーガル分野であって、決してプログラム言語の教科書の翻訳とかの話ではないから、プログラムの話がまったくわからなくても、リーガルの翻訳をするのに必要な限度でプログラムの話が分かっていればいいわけだ。
だから、Javaが何のためにあって、どういう機能を果たしているのか、ということを知っている必要はない。
Javaというのがプログラム言語なんだ、ということさえわかればある契約条項では十分だということもあるわけで。
そうであればJavaはそのままJavaとして訳しておけば足りる。
RIE
IT関係の話はRIEに任せてください!
チェックもできますし。
真栄里
それは頼む。
いつも頼んでいるけどな。
ダブルチェックで専門家のチェックが入ると訳文の正確性が完璧になるから。
RIE
チェック料、毎度ありがとうございます。
なんなら、ICT関係のレクチャーしてあげましょうか?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください